給料不払いの体験から思うこと

クレジットカード現金化は計画性がないと大変な目にあいます。ただし、計画性があれば救われる人がいます。 詳しくは後の体験談でお話します。

クレジットカード現金化の危険性を含めお届けしている当サイトで、「クレジットカード現金化で救われる人がいる」 と言う事で疑問思われる人もいるかもしれません。こう思う背景には、10年前の給料不払いで働いていたときの体験があります。 いまからその体験談をお話します。

10年前に私は給料不払いのまま働いていました。会社は茅場町にある、電話回線の商材を売る小さい会社でした。 給料不払いが続いたある日、従業員数名、対策を練るため新宿に集合しました。

集合した出会いがしら、先輩Aがこういったのです。「家賃が払えねぇ!」「ちきしょう!」 先輩Aは地面を蹴りました。表情がひきつり曇っています。 その時、先輩Aは金をかしてほしいと誰にもいいませんでした。 兄貴肌の先輩であり、業務のアドバイスを良くくれた、岐阜県から上京してきた27歳の先輩です。 決して忘れられない場面です。学生から社会人になりたての22才の私には衝撃的でした。 世の中甘くない・・・生きていると、こんな事もあるんだ。 これも、私が22年の間、歩んできた道の結果だとも思います。TT

あくる日、別の先輩Bが、話しかけてきました。用件を聞くと、金を貸してくれといいます。 私の目の前で、頭を倒し、両手をパチンと合わせた先輩B。片目をめいっぱいつぶってしわくちゃ。 「お願い、1万円貸して! ・・・ ・・・いい!? ねっ!」 当時、1万円は痛かったのですが、実家に帰れないというので実家暮らしの私は、貸す事にしました。 こちらは、営業担当の38歳の先輩で、いつも場を盛り上げるムードメーカー的存在の先輩でしたが、 このときは必死で、お金で人が変わるとも思いました。 そういう私はというと、気分も沈んでいて、帰り道で号泣した事があり、 たまたま電車で近の人が弁護士バッジをつけていたので、なりふり構わず話しかけた事もあります。 はたから見ると、私も人のことを言えるような空気の漂い方ではなかったかもしれません^^;

少し話しがずれましたが、先輩Bのように人に借りるというのもひとつの方法です。けれど、先輩Aのように友達・知人に迷惑をかけたくない。 頼めるような環境ではない。借りれるような金額ではない。いろんな理由があると思います。

体験談から話が戻りますが、そのとき一時的なお金を作る方法はいろいろあると思います。 まずは当サイトの「■3.クレカ現金化をしない」が役に立つかもしれません。(引き続き更新予定です) それでもダメそうだという人にクレジットカード現金化があると思います。

ただし、計画性がないと大変な目にあいます。 どういうことかというと、一時的にはお金の工面をしても、数ヶ月後にクレジットカード会社から請求が来ます。 そのときに返済できなければ、さらにもう一度、クレジットカード現金化を利用するという事になりかねません。 借金が借金を呼ぶ状態です。重ねてとなりますが、クレジットカード現金化を使わないで、もっといい方法があるのなら、 私はクレジットカード現金化以外の方法を検討する事をお奨めします。 それでも、その方法が有効でないのなら、クレジットカード現金化があなたを助ける・・・かも知れません。「計画性があるのなら」です。



次のページへ(詐欺にあわないために)
管理者プロフィール

コンテンツメニュー

-TOPページ-

■1.クレカ現金化を知る
 ・仕組み
 ・違法性
 ・メリット、デメリット

■2.クレカ現金化する前に 
 ・管理者が思う事
 ・詐欺にあわないために

■3.クレカ現金化をしない
 ・そもそもお金を作らない
 ・物を売る
 ・即日払い